癌(ガン)という病を治療する上で、最も難しいことは「孤独との闘い」

癌(ガン)という病を治療する上で、最も難しいことは「孤独との闘い」なのだ

自らの身体が癌(ガン)に侵されたと知ったときから、ガンとの闘いが始まります。
私は、自らが癌と闘った経験、そして、当時の記憶から、癌を発症したときに襲いかかる「孤独との闘い」についてお話していきます。
癌を発症したときに、いちばんつらいと感じたことは、心に大きな穴が空いたような感覚と、迫り来るような孤独感です。
それは、周りに親しい家族や仲間がいたとしても、周りが明るい、和やかな雰囲気に満たされていたとしても、変わらず、自らを襲ってくる。
当時の私の心は常に「孤独感」に支配されていました。
癌を外科手術や、薬で治療することも必要ですが、それ以上に精神的なケアが必要と感じます。
「もう、自分の命は助からないかもしれない。」
「みんなと別れるのがこわい」
そのような不安な気持ちが、少しでもなくなるようにケアしてあげる必要があります。

執筆は、まだ続きます。
みなさんのお時間がおありなります時に。お楽しみに。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。