小児がんサバイバーの僕を安心させてくれた言葉

小児がんサバイバーの僕を安心させてくれた言葉

当時、小児がんサバイバーの僕は、「安心させてくれた言葉」を最も求めていた。
この、落ち着かないこころを誰か静めるために、何らかの安心できる言葉を求めていた。
誰でも良かった。
「今は、少しでも多くの安心できる言葉をください。」
決して、言葉だけでは癌の状態が改善するわけでもないけれど、私が唯一ほしいものは、「こころを静めるための安心できる言葉」だった。
とても温かい言葉をくださる方がいたのを思い出している。
その方は、とても穏やかで、ゆっくりと自然な表現の言葉を私にくださった。
そして、その言葉をくださる方は、とても優しいお顔の表情をされている。
とっても穏やかで、包み込まれるような、オーラ。
私の身体、そして、心をそっと支えてくれるようなその仕草。
私は安心できる言葉と共に、素敵な笑顔のギフトまでもいただきながら、少しずつ心癒されていた。





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。