骨肉腫の息子

僕が小学3年生のとき、右足付け根に骨肉腫を発症した。
主治医の先生から、ガンの告知を受けた。命の助かる確率が非常に低いことも覚悟をしてほしいと、母親は伝えられたと言う。
僕自身は、先生からガン告知と右足の切断の可能性を伝えられた。
僕自身、まだ、10年しか生きていないのに、どうしてこんなことになるのかと。
何も考えることができず、どうすることもできず、辛い思いだけがからだの上に覆い被さった。
その時、母親は、思ったそうだ。<br>
「この子は一生、私が守ろう。」片足を無くした我が子を必死で守ろうとする母親の強い思いと愛を感じた。
「母ちゃん、僕は強く生きていくよ」そう、心のなかで、嬉し涙を流しながら、母親の言葉を噛み締めていた。





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。