骨肉腫サバイバー ダンサー

骨肉腫サバイバー ダンサー

私は、元プロダンサーです。信じられないかも知れませんが、右足付け根部に骨肉腫を発症したにも関わらず、骨肉腫発症から約20年後に、私はプロダンサーになりました。いや、信じられないと思っていたのは、私の周りの人こそ、そう、思ったことでしょう。
私は、10歳の夏に骨肉腫を右足付け根部に発症。
下腹部の範囲から足の付け根までもが、見た目にも異常に腫れ上がり、癌細胞の転移が広範囲に広がっているおそれが疑われる状態でした。
主治医の先生は、その私の状態から絶望的な結果も想定したくらいの状態だったようです。
その為、手術の計画では、右足を付け根から切断することも検討されていたようです。
私は、主治医の先生から、右足切断の説明と、承諾確認をされました。
右足の切断は、私の今後の人生にとって、とても大きな影響を与えることでしょう。
もし、当時私の右足が切断されていたら、今、そして、今に至る人生経験は全く異なった結果になっていたのだろう。
プロダンサーになった経緯等については、また別の機会に🎵お楽しみに。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。