ガンと闘う生命「小児がんサバイバーが抱える問題」【小児がんサバイバーの私が抱える後遺症】

ガンと闘う生命

私が骨肉腫を発症した(10歳)のは、今から約40年前のこと。
抗がん剤も今の薬ほどの効果がなかったかもしれない。
当時、癌(ガン)は、命が助からない病だったが、医療技術の発展とともに癌(ガン)は治る可能性が高くなってきた。
当時とは比較ができないほど医療技術が進歩したのだが、未だに解決できない課題がある。
それは、小児がんサバイバーの抱える後遺症である。
具体的には身体的、精神的、そして社会適応において、一定数の比率で、問題に直面し悩んでいる小児がんサバイバーが存在するのだ。
現在では、小児がんサバイバーが晩期に抱える悩みに対して、支援する活動に動きが出てきており、厚生労働省において就労支援も開始された。





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。