ガンと闘う生命「小児がんサバイバー研究①」【小児がんを発症した僕が受けたダメージとは】

ガンと闘う生命
【小児がんサバイバー研究】

私が骨肉腫を発症した(10歳)のは、今から約40年前のこと。
小児がんサバイバーが受けた過酷な治療については、がん疾患の影響だけではなく、その治療による影響がとても大きく無視できないことだと言われ、問題視されている。
がん治療後に、小児がんサバイバーが人生を生きる上で、進学や就職の際に感じる支障や障害に対しては、支援できる体制が必要と考える。
しかしながら、小児がんサバイバーの抱える諸問題が社会の中で取り上げられることが少ないため、その重要性があまり知られていないことが問題であると考える。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。