足が無い子 【骨肉腫の手術を受けた僕への母の愛】「母の決断②」

足が無い子 【母の決断】

母は、苦渋の決断をした。
「この子が足を切断し片足を失ったら、きっとこの子はとても苦労するだろう」
「この子が足を失ったら、世間からの偏見にさらされるだろう」
「この子が片足で歩いていたら、世間から、゛可哀想゛と、哀れな想いの視線を受け続けるだろう」
だから、母は決断をしたのだ。
【この子はずっと家の中、私が守る】





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。