千秋先生との約束①【小児がんの僕が生き続けた奇跡】

千秋先生との約束
【小児がんの僕が生き続けた奇跡】

小児がんを発症した僕の主治医であり、執刀医でもある千秋先生は、僕に癌(ガン)告知をしてくれた。
その告知は、優しく、とても愛を感じる告知だった。
癌告知を経験した者として、以下の要素を含めた告知でなくてはいけないと考える。

・告知された時のショックは大きいが、説明の仕方でとても安心感が得られる
・ゆっくり丁寧な説明は優しさを感じる
・ほんの少しでも可能性があれば、「きっと治ると信じる」事を説明され、希望を得られる

楽しく!美味しく!時々ヴィーガンしませんか?【St.Palace(セントパレス)】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。