癌(ガン)になった人の幸せになるための手引き④

癌(ガン)になった人の
幸せになるための手引き

癌(ガン)を発症すると、自分の殻に閉じこもり、以下の様なネガティブな発想をしやすくなります。

①自分は、もう助からないのだろう

②自分に未来は無くなった

③癌(ガン)が、全身に転移しているかもしれない

もしも、以上の様なネガティブな発想をしてしまったら、以下の様に考え方を切り替えてください。
すると、ポジティブな発想になり、幸福感で心が満たされますよ。

①自分の病気は医学治療技術だけを頼りに治すのではない。
「病」は医学治療技術の力で治す。
「気」は自分の気構えで治す。
「病気」は 「病」は10%「気」が90%
「気」をコントロールすれば
自分はきっと助かるはずだ。

②自分の未来は自分次第
この先の未来は、自分の気構え次第で明るくなる。

③目に見えない程小さな細胞のことは、自分の身体の中にある無数の細胞に任せよう。
健康な細胞の方が病気の細胞よりも、断然多いのだから。
健康な細胞が力を発揮できるように、あなたにできることは、身体に栄養を蓄え、休息をとること。
それだけやって、後は、健康な細胞が頑張ってくれるよ。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。