癌(ガン)になった人の幸せになるための手引き⑤

癌(ガン)になった人の
幸せになるための手引き

癌を発症すると、とてもショックを感じます。

私も10歳の時に、癌を発症しましたので、どれだけショックなのかはわかります。

しかし、言葉で現すことには限界があります。
それほど、辛く、せつなく、苦しい気持ちであったことを思い出します。

今、私のブログをお読みくださっている、あなたが大人の方であれば、さらに複雑なお気持ちでしょう。

これまで、生きてきた中で出会ってきた仲間や、かけがえのない家族。
そして、これまでの楽しかった思い出。
それらが、消えてなくなるかのような、ショックとなったことでしょう。

私が癌を発症したのは10歳でしたが、10年間の思い出を振り返り、周りにいるお友達や家族との楽しかったことが、消えてなくなるのではないかと、とても寂しく、せつなく、孤独を感じました。

きっと、あなたも、とても孤独を感じているのですね。

でも、違うのです。

あなたの周りにいる人々は、いつもあなたに寄り添ってくれていますよ。

癌を発症すると、ついつい、自分の事だけを見てしまうのです。

だから、周りの人の 愛を 見失ってしまうのです。

よく周りを見渡してください。

あなたの周りに、いっぱい 愛 が、溢れていますよ。

だから、孤独から早く抜け出して!

そして、これからですよ。

癌を治療して、元気になるように、

前を向いて、進みましょう。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。