癌(ガン)になった人の幸せになるための手引き⑥

癌(ガン)になった人の
幸せになるための手引き

癌(ガン)を発症した人の特徴として、自分自身の殻に閉じこもって、答えの無いことで考え込んでしまうことがあります。
私が小児がんを発症した頃も、考え込んでしまっており、自分だけで悩んでいました。
孤独からの解放
これは、とっても苦しいことなのです。
それに気付かずにいると、癌の治療どころではありません。
その悩みから解放されるためには、あなたの善き理解者が必要なのです。
ここで言う、善き理解者とは、あなたと同じ癌(ガン)を発症した患者の方です。
きっとその方も、あなたと同じ悩みを持っているから、お互いに相談し合うことができるのです。
一人で悩むことが少なくなり、さらに、自分の悩みに対して、良いアドバイスを貰えることにも期待が持てます。





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。