【小児がんサバイバーの私が考える】我が子が小児がんを発症した時の対応方法

【小児がんサバイバーの私が考える】
我が子が小児がんを発症した時の対応方法


1.子供のそばに寄り添う
2.話しかけてきたら会話の相手をしてあげる
3.

以上


私は当時、何も要求しませんでした。
いいえ、どちらかと言いますと何もしたくなくなった。

ただ、誰かに側にいてほしいだけなのです。

お腹も空かないし、何も欲しいものがない。

ただ、心が空っぽになって、

寂しい気持ちが強くなる。

自分の側に母親がいてくれるだけで安心できる。

今思えば、私の心の中では、気持ちを整理していたのではないかと思います。

きっと、両親は、
「この子に何か出来ること以上にしてあげたい」
と、思っていたに違いありません。

しかし、小児がんを発症したお子さんは、

自らの力で、出来る限りの思考を巡らして、気持ちの整理をしているのです。

お子さんにしてあげるとしたら、上記の1.2.がベストと考えます。



4大美容成分を凝縮した贅沢美容液をお試し価格で【セルビック5daysトライアルセット】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。