【家族の悩み】骨肉腫を発症した我が子の心を癒してあげる方法

【家族の悩み】骨肉腫を発症した我が子の心を癒してあげる方法

◼️心を癒してあげる方法

  ① 時間の許す限り、病室で一緒にいて
   あげる

  ② お子さんに合わせたペースで会話を
    してあげる

  ③ 病室で、一緒に食事をしてあげる

  ④ 病院の外(お庭や公園)のお散歩に
    付き添うようにしてあげる




◼️上記の注意点

  ① ② あまり、話題を提供せずに自然な会話をしてあげることです。
  病気(骨肉腫)のことを意図的に、はぐらかすようなことはしない。

  ③ 無理のない会話が弾みます。
   食事の種類が異なると思いますが、同じ
   ように病院食を頂き、楽しみましょう。

  ④ 一日中、病室にいるよりも、外の
   雰囲気を楽しむようにすると、自然な
   会話が弾みます。



私は10歳の時に、右足付け根部に骨肉腫を発症し、病院生活を送っていました。

通常であれば、閉塞的な気持ちになりやすい環境ですが、私はそうならなかったのです。

それは、上記の①~④を行っていたからだと分析します。

当時は、このようなことを考えて行動していたわけではなく、自然な流れで行動していたのです。

このタイトルを目にした読者の皆様は、大変お悩みのことと思います。



ここで、強くお伝えしたいことは、

骨肉腫や小児がんを発症したお子さんのお気持ちを、包むようなあたたかい気持ちや言動のみで、よいのです。

他に何か特別なことをすることも必要としませんし、ごく自然なことをしてあげるだけでよいのだと言うことです。

当時の私は、両親からの愛に包まれて、とても幸せな気持ちのまま手術や入院生活を送ることが出来たのも、これらの考えのおかげだと思います。
追憶





4大美容成分を凝縮した贅沢美容液をお試し価格で【セルビック5daysトライアルセット】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。