【ご両親必見】小児癌(ガン)になった我が子への気持ちの間違った伝え方

【ご両親必見】小児癌(ガン)になった我が子への気持ちの間違った伝え方


小児がんを発症したお子さんのご両親は必見の内容です。

癌(ガン)を発症し、辛い思いをしているお子さんの姿を見てしまうと、ご両親はきっとこの言葉を発するでしょう。


【お母さん(お父さん)が辛いのを変わってあげたい】


しかし、これは間違っています。

では、何故間違っているのかを解説いたします。
小児がんサバイバー(筆者)
私は10歳の時に、小児がん(骨肉腫)を発症しました。
その時、両親が私にしてくれたことには、とても感謝しています。
そして、両親がしてくれたことは今でも覚えており、一生忘れることはないでしょう。

そのような経験をしてきた、小児がんサバイバーの私が解説いたします。


癌(ガン)を発症し、辛い思いをしているお子さんの姿を見てしまうと、ついご両親は、

「辛いのを変わってあげたい」

と、お子さんにお話するでしょう。

しかし、


① 例え、肉親でも体の辛いことを身代わりに
  なることはできません。

② 「辛い思いを身代わりになってあげたい」と
  お話したところで、お子さんの辛さが軽くなる
  わけでもありません。


ご両親からお話された時、お子さんはとても困惑するでしょう。


ご両親のお気持ちが伝わるため、なおさら困惑するのです。

ご両親に対して、お子さんは心の中で

「ありがとう。気持ちだけいただきます。」

と思っているでしょう。

お子さんは、優しいご両親の言葉に気を使ってしまうのです。

そして、

【決して、人に身代わりになってもらうことが
できないことなんだ】

【自分がすべてを受け止めなくてはいけないのだ】


と、とても辛い思いが思い出されて来るのです。

そして、

再度、現実を突きつけられるのです。


お子さんは、再び、とても辛い気持ちに心が支配されてしまうのです。
辛い気持ち
ご両親は、この言葉を発した時、お子さんに言葉を伝えることができたことに、満足感を得るでしょう。



本来、お子さんの発症した小児がんを治してあげることもできないし、身代わりになってあげることもできないため、少しの満足感を得られることで、少し安心できるのです。

しかし、ご両親の思いは、

【この子を辛い思いから解放してあげたい】

なのですが、簡単には叶わないことなのです。

とても辛く、厳しい現実なのだと、思い出される。

では、ご両親は、お子さんにどんなことをしてあげるとよいのでしょうか。

または、

お子さんにどのような声をかけてあげたらよいのでしょうか。

その答えは、

厳しい現実
その答えは、


【言葉ではなく、側に寄り添ってあげること】


です。

そして、

【ご両親はお子さんを、抱き締めてあげてください】

何度も、何度も、抱き締めてあげてほしいのです。


私は、小児がんを発症した当時、母親に抱き締められ
、嬉しすぎて涙が溢れました。



【親子の間には、言葉では表現できない愛がある】

無理に言葉で伝えるのではなく、

感情で包んであげることが、お子さんにとっても嬉しいのです。

そして、心癒されるのです。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。