【小児ガン(骨肉腫)と闘った僕に起きた奇跡】マンタに乗った少年(骨肉腫患者) story1

【小児ガン(骨肉腫)と闘った僕に起きた奇跡】マンタに乗った少年(骨肉腫患者)  story1



【愛と孤独】

私は、翌日から入院した。

それは、とても長い入院になることを知らなかった。

ガンの発症から完治するまでがどれ程の期間なのか、わずか10歳の私には知る機会もなかった。

おそらく、私の両親は説明を受けていたに違いないが、両親は、ガンの告知以来、私への会話をより慎重にしていたように、感じた。

確かに、あの告知を受けたときの、母親の姿。

父親が怒りをぶつける姿は、数十年経った今でも思い出すほど、衝撃的だった。

その時の感覚が、二人の発する言葉をより慎重にさせるのだろう。

私は二人の愛情に包まれ育てられた。

それだけに、今回の病と、はじめての入院生活にはとても、孤独感を感じた。

孤独とは愛情の対称。

孤独が陰なら愛情は、陽なのだろう。

私はこれまで溢れんばかりの愛情を注がれたのだから、今度は、孤独を感じるときなのだ。

今思えば、孤独を経験することは、よりいっそう愛情を感じるためなのではないかと今はそう思えるようになった。




 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
次回のstory2は、下記URLから、お読みくださいますようお願いいたします。

http://sowataya358.com/?p=123





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。