【癌サバイバーの近親者必見】 ガン告知を受けた方への気持ちの負担の減らし方

【癌サバイバーの近親者必見】
ガン告知を受けた方への気持ちの負担の減らし方


*以下をお読みいただき、ガン告知を受けた方のお気持ちを、擬似的に体験ください。

ガン告知を受けた方すべての例を示すものではございませんが、


私が、実際にガン告知を受けたときの気持ちを再現、擬似的に体験できるような表現をご準備いたしました。


人によっては、とても辛いお気持ちになるかも知れませんので、

その場合には、途中からパスしてください。



では、始めます。



ガン告知

あなたは、ガン告知を受けたことありますか

  • 小児がん
  • 骨肉腫

癌=恐ろしい病

きっと、誰もが受ける印象は


【恐ろしい病】なのでしょう

その恐ろしい病

ご自身の身体に発症してしまったことを

想像してみてください

  • 胴体
  • 手足
どの部位に発症したとしても


決して、逃れられない


その恐れからは、



逃れられない

ガン告知を受けた人は

その恐れからは、逃れられない

  • 恐怖
  • 不安
  • 孤独

それらに押し潰されそうに

息苦しく

つらく

切ない

これが私の運命なのか

カミングアウト【わたしの秘密】予告編 - YouTube

今回は予告編です。本編は、別の専用YouTubeチャンネルを用意してあります。ご視聴希望の方は、本チャンネル登録してから次回以降のご案内をお待ちくださいますようお願い…

とても辛いお気持ちになられたとしたならば、


その状態が、ガン告知を受けた方のお気持ちそのものです。

この癌と向き合う

覚悟

命ののぞみを掛けた手術

手術

小さな僕の身体に手術のメスが入れられる

僕の右足は切断される

命を延命するための手術

決して、治る保証のない手術

僕は、一人、手術に運ばれた

わずか 10歳にして


癌と闘う

目標と希望を失った、孤独な入院生活

普通に学校に通える友達が羨ましい

僕には叶えられないこと

僕は、この先の未来を失い

暗い闇の中を歩くしかないのだろう

たったひとりで

ガン告知

ガン告知を受けた方への気持ちの負担の減らし方

ガン告知を受けた方のお気持ちを理解することは、とても難しく、

例え、その一部を理解できたとしても、そのお気持ちはとても苦しく、耐えることのできないこと。

しかし、近く、親しい仲のあなたにもできることはあります。

それは、

「寄り添い」

「語りかけ」

「うなずく」

「腕と腕がふれあう距離で寄り添う」

ただ、それだけのこと。

あなたは、ガン告知を受けた方の心の負担、お気持ちの負担を軽くしてあげることができる。難しく考えないでよいのです。

自然に、

優しく、

心に寄り添い、

身体を寄せ会う。

ただ、それだけでよいのです。

鬱蒼とした木々の森に沈む夕日。
青い空を背景に、芝生の平原に立つ風力タービン。
海岸に続く尾根の上に太陽が輝いている。遠くでは車が道を走っている。

ガン告知を受けた方の心に

「光を、希望を、目標を」

と、難しく考えなくてよいのです。



フランスのラグジュアリースキンケアブランド【クラランス】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。