【ガン患者の近親者オススメ】頭痛キャラメル 第二十四話 ☆未完成のポートレート☆

頭痛キャラメル 第二十四話
【未完成のポートレート】
筆者
僕の家には、母方のおばあちゃんが一緒に住んでいた。おばあちゃんは、胃ガンの手術を受けた後、僕の家で療養していた。僕の家は、病院に近いので、おばあちゃんもそれを望んでいた。

僕たち家族もおばあちゃんの体のことが心配だったので、一緒に生活できると安心だった。

しかし、僕たち家族は、おばあちゃんには、胃潰瘍だと嘘をついて説明していた。

おばあちゃんは、とっても心配性だったため、胃ガンのことを告知しないことにしていたのだ。

おばあちゃんの胃ガンは、すでに末期で完治することは難しい状態だった。

余命宣告に耐えることができないと判断し内緒にしていた。

今思えば、おそらくおばあちゃんは、気付いていたのかもしれない。最初は、自身の病名を何度も確認していた。

僕はその度に、心が傷んだ。

おばあちゃんの顔を見ると、とても胸が苦しくなった。

その優しく、つぶらな瞳

「ありがとう、説明してくれてありがとう」という言葉

おばあちゃんに嘘をついてまで、隠し徹したことに、どんな意味があったのか

あれからもう、何十年も経つが、いまだに答えが見つからない

それから数年後、おばあちゃんは天国へ旅立った

僕のおじから、おばあちゃんのポートレートの制作を頼まれた

「一生の宝物にするから」と、おじは言っていた

僕は小さい頃から、絵を描くことが好きだったことを、おじは、知っていたようだ

大きなキャンバスに、下書き無しで、直接に油絵の具をのせていった

僕が絵を描いている間は、食事をすることも後回しにして、夢中になってしまう

そこに、おばあちゃんがいるかのような気持ちを維持し続け、時折、

「おばあちゃん!ココ、こんな感じだっけ?いい?」

と、天国のおばあちゃんに話しかけながら絵の具をのせた

天国のおばあちゃんが、僕に語りかけることはないが、なんとなく、

「うん、その色いいよ」

と言ってくれているように感じた

途中、何んだかわからなくなって、全く手を加えない期間もあった

その、もやもやしたなにかは、自然に消えてしまい、また、再開し描きはじめた

描きはじめて、数ヵ月が経過した

なんとなく、出来たのかな

と、思えるような状態になった。

ここにくるまでの間に、何度も母親に、

「できたみたいね」と、言われたが

完成はしていなかった。

絵を描いている僕は、まだ納得していなかったのだ

しかし、おじとの、約束の時期になったので、少しモヤモヤしながら、絵を渡した

それから何十年か経ち、そのおじが亡くなった

僕は、その絵のことをすっかり忘れていたが、亡くなったおじのもとから、その絵が再び、僕のところへ戻ってきた

僕はその絵を眺め、

絵を描いていた当時、色の一つ一つをのせながら、天国のおばあちゃんと会話していたことを、思い巡らしていた

この絵は、まだ完成していない!

そう、感じたのだ

長い時を経て、再び、僕の元へ戻ってきた、おばあちゃんのポートレート

だけど、この先、僕はもう

この絵には、新たな絵の具をのせることはないだろう

なぜなら、おばあちゃんは、そこにはいないからだ

僕の心のなかの、おばあちゃんを絵の具で描くことはできない

完成しないことが正解なのだと、僕のなかで納得した。



クラランス公式ページはコチラ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。