ガンと闘う子供のための101の秘密道具 NO41

ほっし校長
【ガン患者さん必見】ガンと闘うための101の方法 NO41


小児ガン患者さん、ご両親にもオススメの内容です


      жжжжж自己紹介жжжжж



私は、私自身も、10歳の時に、小児ガンを発症し、末期ガンのガン告知を受け、右足切断の了承確認、そして途中で断念の可能性を考慮した、条件付きの手術などを経験しました。
私の病名は、骨肉腫でした。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж



  
         今回の NO41は

     【 レントゲン室の入口 】
 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

私は、レントゲン室で、ガンと対面した


レントゲンは、一瞬で、


ガンと対面させてくれる、


大人のガンなのか、


赤ちゃんのガンなのか、


大勢いるのか、


少人数なのか、


世の中のガンには、


いろんな特徴があるようだ、


ガンは、生き物、


私の身体の中に、住みつこうとしていた、


しかし、


私は、ガンとは一緒に住めない、


私の身体の中のガン、


そのガンは、


大勢いた、


レントゲンで、大勢いることが、


わかった、


そんな気がしていた、


異様に腫れた腹部には、


ガン組織が、


ガン組織がいっぱい住み着いていた、


ガン達は、姿が見られるのは、


嫌だっただろうね、


本当はひっそりと、していたかったのだね、


わかってるよ、


でも、



私の身体には、大勢は、住めないんだ、


とても、いい経験を、


私の人生、


私の人生にとって、とても、大切な


とても、大切な経験をありがとう、


もう、手術をしたから、


レントゲン室には、入らない、


もう私の中には、いないから、



жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
  レントゲン室で、対面した日のこと
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
    ガンの姿を初めて見た日
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。