【小児がん(甲状腺ガン)】チェルノブイリ原発事故の驚愕の事実

ほっし校長

◼️ヨウ素は甲状腺ホルモンの材料

原発事故後の地域住民における甲状腺の被爆線量は、その後の甲状腺ガン発症と大きく関係すると言われている、

原発事故時点で、乳幼児であった子供において、甲状腺ガン発症の増加が見られた。

一般的に放射線が原因で発症する甲状腺ガンは、被爆年齢が低いほど高いリスクで発症する。特に5歳以下の子供に増加傾向が報告されている。
チェルノブイリ原発事故の際には、爆発によって放射性物質が大量に放出された。

特に人体に影響を与えたものは、

放射性ヨウ素だった

生活の中で、食物などから体内に放射性ヨウ素を取り込んでしまい、小児甲状腺ガンを発症する。

ロシアとウクライナの戦争について

ロシアが保有している、核兵器の使用が疑われている。核兵器には、多量の放射性物質が含まれており、核兵器自体の破壊力も大きな問題だが、今後、戦争が終わり、普段の静寂が戻ったとしても、辺りに散らばった、放射性物質が大きく身体に影響を与える。特に、放射性ヨウ素は、子供たちの甲状腺ガン発症の原因となるため、大きな問題だ。

小児ガン(小児甲状腺ガン)の発症は、被爆から4~5年後から

その発症数は、10年後以降も増加傾向が懸念される





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。