【絶望という感情】小児末期ガンと診断された私の心の声

末期小児ガンの子供の心

絶望 という感情

実際に、その状況に立たされた時の感情

その当事者しか語れない

言葉で表す怖さ

当時のわたしは、まだ、世の中のことを知らない子供

子供が絶望を感じたとき

それは

これまで、語られなかった感情

聞くに耐えることのできない言葉で綴られる

しかし、私が体験した

決して、逃げることのできない状況

親であっても、兄弟であっても、

そのときの私を助けることは出来ない

ただいま執筆中です

下記のリットリンクから、blogに移動し、お読みください。

ほっし校長 lit.link(リットリンク)

movies creator GOLD fire、ほっし校長感謝ブログ、SNS、Youtube、ブログ、商品、HPなど、いま見て欲しいリンクを、まとめてシェア





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。