【癌患者の近親者必見】悲しみはガンを治してくれない理由

悲しみはいらない
あなたのご家族や恋人、親友、仲間に、癌(ガン)患者さんはおられますか?




あなたは、その方にお会いしたときに、悲しい顔の表情もしくは悲しい内容のコメントでお声を掛けられませんでしたか?




もし、そうだとしたら、




今後はお止めください。




それは、【ガン患者さんに伝わっています】




そうです




あなたが、ガン患者さんに向けた
【悲しい気持ち】






     

悲しい気持ちが伝わっています




前置きが長くなりましたが、あなたに、この事をしっかり伝えたいという気持ちが強いからです。




それほど、とても大切で重要なことだからです。






◼️本内容は、ガン患者さんの近親者の方には必ず目を通していただきたい内容で、とても重要です。






  





【悲しみはガンを治してくれない理由】





さて、お時間のない方のために、先に答えをお伝えいたします。




              それは





ガン患者さんに、不幸な結果を結論付けた





お時間のない方は、ここまでお伝えできましたので、安心です。


ここまでお読みくださりありがとうございました。




私のブログサイトでは、医療系の特に、ガンや難病に関する記事内容をたくさん投稿しております。




また、いつかお時間のおありなりますときに、お読みくださいましたら幸いでございます。

一期一会の気持ちを大切にしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。



お時間のおありなります方には、さらに深く解説させていただきます。





ガン患者さんに、不幸な結果を結論付けた



とは、どういう意味でしょうか






表現を変えて言い換えますと




「ガンを発症してしまって、残念なことでしたね」

「あなたは、不幸な人ですね」



です。






おそらく、あなたは、



「いいえ、そんなことは言っていません」


と、おっしゃるでしょう。





           しかしです。





【あなたが、どのように言ったかではなく】





患者さんが、どのように受け止めたのかなのです





患者さんが、どのような心境の場面で言われたのかを強く意識しておかなくては、大変なことになります



しかし、とても難しいことですね






【患者さんが、どのように受け止めたのか】





これを理解するのはとても難しいことですね。





 私がここまで、この事にこだわるのか




その理由は、




「私には、その当時に気持ちが伝わったからです」






自己紹介が遅れました


私は、小児がんサバイバー(骨肉腫)なのですが、

10歳の時に、骨肉腫を発症

末期ガンと診断され、ガンの告知を受けた。

命をつなぎ止める為、右足切断手術の了承と、

同時に余命宣告までも。






繰り返しますが、


「私には、その当時に気持ちが伝わったからです」



なぜなのかは、わかりませんが



ガンを発症した頃は、とても感受性が強く敏感だったように思います。





ガン患者さんの前では



患者さんが、どのように受け止めるのかを考える






この事がとても大切で重要なのです。





  あなたが、ガン患者さんに向けた


     【悲しい気持ち】




     この【悲しい気持ち】






悲しい気持ちが、言葉であったり、顔の表情なのです。





ガン患者さんの前では、この【悲しい気持ち】がとても強く伝わってしまうため、気を付けてください。






例え、そんなことを思っていなくても、気を付けてください。






あなたが、ガン患者のお見舞いにお会いしたときに、後で、






          「しまった」






とならないようにしましょう。





あなたが、どのように言ったかではなく

患者さんが、どのように受け止めたのかなのです

次回予告 お楽しみに

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。