小児がん(骨肉腫)を発症した僕が手に入れた宝物

小児がん(骨肉腫)を発症した僕が手に入れた宝物
それは奇跡の宝物




唯一無二の大切なもの

私はプロダンサーです。

信じられないかも知れませんが、

右足付け根部に骨肉腫を発症したにも関わらず、

骨肉腫発症から約20年後

私はプロダンサーになりました。

私は10歳の夏、右足付け根部に骨肉腫を発症した。




主治医の先生は、その私の状態から絶望的な結果も想定したくらいの状態だった。




なぜなら、当時は骨肉腫自体の症例がほとんどなく、1/1000000 (100万人に1人程度の発症確率)のため治療や執刀を経験した先生も少なかったようだ。



絶望的な状態

私は、主治医の先生から、ガンの告知と、余命宣告、手術ができた場合の右足切断の説明と、承諾の依頼をされた。





右足を切断していれば、私の今後の人生にとって、とても大きな影響を与えることになったであろう。


しかし、手術までの約1週間の間

右足切断後の人生の歩みかた

考えるための心の余裕も、時間もなかった

この世で10年しか生きていない私にとって、この先の、数十年の人生設計することなんて出来るはずがない。


もし、当時、私の右足が切断されていたとしたら

今に至る間の、人生経験は全く異なった過程と結果になっていたのだろう。

私の右足は、今も生きている。


手術の際に、ガン転移した組織を一部取り除いているため、手術から40年経った今でも、少しだけ歩きづらさを感じるときはあるが、通常生活に何ら支障はない。

私の右足は、今も生きている。

手術の際に、ガン転移した組織を一部取り除いているため、手術から40年経った今でも、少しだけ歩きづらさを感じるときはあるが、通常生活に何ら支障はない。

私がプロダンサーになった経緯は、こちらの記事をお読みください。

私は、ダンスを通じてたくさんの仲間ができました。



そして、



ダンスを通じて人生を楽しんできた。


そして、幸せを感じながらダンスを踊り、

そのダンスを人に見てもらうことで、

人に幸せな気持ちになって貰うこともできた。


私の右足は、百万分の一いや、一千万分の一の確率で奇跡的に残された

奇跡の右足なのです

小児がん(骨肉腫)を発症した僕が手に入れた宝物

 それは、奇跡的に残された右足





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。