THE TIME   刻の記憶 【Roots】

ほっし校長マガジン【Roots】8月号

ガンを告げられた人々の心の叫びをことばに残す

人々の心の叫び

あなたのルーツ探しの旅

  はじめます

ガンサバイバー

それは、ある日突然やってくる

そして、決して逃れることはできない

自分の身体を蝕む病

現代医学では完治できないケース

痛み、苦しみ、精神的ダメージ

解消されないストレス

この先の未来、光、希望を失い


孤独


これらは、ガンサバイバーとしての試練であり、たとえ乗り越えたとしても、その先には、さらに別の試練が待っている


それは、医学的な「病」ではなく


心の中の闇


自身が乗り越えて行かなくてはならない本当の試練は、そこにある


心の中の闇を明らかにし


それに対処する



ガンサバイバーの闘いは、ガンが消えた後も続く



このマガジンは、その闘いの様子を配信するもの


毎月テーマ毎の「闘い」を配信


おなじ悩みをお持ちの患者さんやその近親者さん、ガンサバイバーの皆さんに
「闇」との向き合いかた、悩みの解決方法を模索するツールとして活用していただきたいと思います

◼️ガンを告げられた人々の心の叫びをことばに残す
今回、私は旅に出ました。


ひとり旅です。


その旅先には、私が求める旅の答えがあるように思えたのです。
そして、その旅先で観たものや触れたものから、私の内に秘めた答えを見つけることができました。

https://sowataya358.com/

今から40年前でも思出す

私には素直に喜べない過去があります。

それは夏休みです

それは夏休みに入るとともに、入院生活が始まり、病院で夏休みを過ごした経験からでした。


「なんで、なんで、」

「自分だけ、夏休みがないの?」

「川で釣りしたり、クワガタ採集したり」

「予定がいっぱいあったんだ」




夏休み

無情にも強引に決められた運命

半ば強制的に思えたのです。

「とんでもない病になったんだ!」

「大きい病院に行って精密検査を!」

僕の夏休みは、1日1日と、無くなっていった。

実は、

僕は、画家の先生に絵を習っていた。

先生は、中田先生と言って、広島にアトリエを構え画家活動をされている油絵画家だった。

毎年、夏休みの間は、習い事はお休みだったが、僕は勝手に、中田先生のところに行って

僕の作品を観て貰っていた。


「絵の具は塗ったらだめだ、色を置くんだよ」

先生はいつも、優しく教えてくれた。

中田先生が僕の絵に色を足してくれた、

決まって、黒、紺色、緑、朱色などを混ぜた色を、次々と、数ヵ所に置いていった。

その置かれた色は、僕の描いた絵を引き締めてくれた。


「先生、凄い!」

「全然、すごくなった!」


だけどね、先生、この絵は、先生が筆を加えたから、学校には提出できないや


なんて、心で思ったが、内心はとっても嬉しかった。


しかし、今年の夏は、こんなことも無理だ


夏休みと絵画

運命と定め

この世が突然ひっくり返ってくれないか
後にも先にも、僕がこんなことを本気で願ったことはなかった。


「お子さんは、癌の一種を発症しています」


「非常に珍しい癌の種類で、症例がほとんどありません」


「どれだけ生きることができるかも」


「手術事例も少なく、なんとも言えません」


そんなことって、あるのか?


この僕が?


何でなんだ?


しかし、しばらくしてから、やはりこれが現実なのだと、


思い知らされた


僕は死んでしまうんだ


間もなくこの世を去る


みんなと別れて、ひとり


死んでしまう





ひとりを感じ

ひとりを意識するためのひとり旅

ひとり旅に答えがあると直感した

当時の僕はどんなことを考え、空想したのだろうか

小学生3年生の夏休みに、余命宣告と癌告知を受けた

もちろん、すべて初めてのことだった


「現実逃避」という言葉を習った記憶がなかったが、

このときに初めての、「現実逃避」を実践しようとした


しかし、現実逃避どころか、空想さえも、僕の脳にはさせて貰えなかった


僕の脳では処理しきれないほどの情報量が、一気に押し寄せたからだ


「助けて」の一言も出ないほどだ


夜、みんなが寝静まった時に、ふと目が覚めた、そのときくらいしか、自発的な言葉を出すことが出来ない程しんどかった




心が息苦しい

そんなとき


僕の母親は、僕を見守るように、いつもそばにいてくれた


父親は、会社帰りには必ず僕の顔を観て、笑顔を見せてくれた


しかし、


僕は両親の、その優しい気持ちに応えることができず、いつも無言だった


でもね、心のなかでは叫んでいたんだ


いつも、常に、助けを求めていた


だけど、どうしょうもないことだって、理解していたから、


声に出せなかったんだ






心の中の叫び

目的地に到着する

今、新幹線で目的地に向かっている

あのときのことを言葉にするために


あの時、僕が心で叫んでいた言葉を確認するために



そして、




今回、目的の場所に、なぜだか引き付けられた



僕が小児がんを発症したときは、広島に住んでいた



しかし、




今から向かう場所は、全く別の場所だ


もう間もなく、到着する


次の駅が目的の場所だ


少しだけ気分が高揚してきた



朝食を取っていないからか、



身体がシートに沈み込んで、いつになく落ち着いていたが、すこし緊張も感じていた



複雑な心境だ



きっと、これから明らかになる自らのルーツ


ルーツを明らかにする言葉を知ることに対して、すこし照れくささを感じているのかもしれない
当時の自分との出会い

ただいま

43年前のあのときの気持ちを甦らせる地に着いた


深呼吸をすると、全身の酸素が43年前の、

あの緊迫した時の、そのものに入れ替わった



当時の自分に、内面の、精神的な甦りができた気がする。





軽井沢

ここは、軽井沢


私の当時を思い出させるために、最適の場所として直感的に決めたのが、軽井沢だった


何度も繰り返しますが、私は広島出身だ



しかし、




43年前の自分を、



そして、



その時の気持ちを蘇らすには、広島の風景がすっかり変わってしまっていた




私は、昨年の夏に広島へ帰郷していた


帰郷1
しかし、その際には、当時の記憶を蘇らすことはできなかった


どうしても、当時の景色を追い求めてしまい、その事が、記憶の甦りを邪魔してしまうのだ


帰郷2

自分ひとりを見つめる場所

僕はひとりを感じるために、静寂を感じる場所に向かった


浅間山の裾野に広がる樹海



避暑地や別荘地としても知られる軽井沢には
特別な静寂が



僕は心穏やかな気持ちで、その樹海に走る一本道を歩いた



樹海の入口

静寂に包まれた時間

日常では、瞑想をする習慣にしている


瞑想をする目的は、気持ちをリセットし、


無になることだ


今、軽井沢の樹海の森のなかを歩いている



ここでは、瞑想の時とは異なる


心静かに、


それは無に近いものだが、無ではなかった


良い表現が見つからないが、


私が求めていた「静寂」のような状態だった









静寂のような状態

まっすぐ未来に向かう一本道

「この道がどこに向かうのか、なんて、分かるわけがない」


そんな風に、当時の僕は思っていた


「未来?」「将来?」


僕には先が見えない「一本道」にしか思えなかった




先の見えない未来への道

ひとりでしか歩めない道

軽井沢の樹海の森の道


とても狭い一本道だった


「この道は、僕にしか歩めない」



そして、この景色も


感じる静寂も


今、ここにいる僕にしかわからないこと


当時の僕は、僕にしか歩めない道を歩み


悩み、辛く感じていた


しかし、


その道は、「一本道」だったのかも知れない
どこまでもまっすぐな道
ひとりの道

孤独を感じたあの頃

あの頃の孤独感の原因は


一本道


あの道をひとりで歩むのが怖かったからだ



ひとりしか歩めない道には、他の人はいない


もちろん、両親も


しかも、



いつまでも続く長い一本道



どこにたどり着くのかさえ、わからない



後ろを振り向いても、まっすぐの一本道



歩くことを止めたとたん、樹海の森の木々が覆い被さる



逃げ道はなかったのだろう



それに対して、僕は恐れを抱き、怯えた
樹海に怯える

決めることが出来ない弱さ

僅か10歳の子供に、自身の人生を決めさせることは、


おそらく、出来ないだろう



きっと、それを強いる両親もいないことだろう



「我が子には辛い試練を与えたくない」


親心は、当然決まっている



しかし、



世の摂理とも言うべきか



両親の願いがすべて叶うはずもなく


我が子に、とても辛い試練が与えられる


あたかも、天がその事で、両親に学ばせているかのように



自らを学ばせるために
湖面を覗き込むと、自身の姿が写し出される


その姿を観て、自身のことを自覚するのだ


天は、私たちにその事を自らの身に起きる現象で、気付かせようとしている


僕は先の見えない道の途中で池にたどり着いた


人生の写し鏡

怖さや不安を感じるのは学びの途中だからだ

このひとり旅でとても大切なことが、心に降りてきているように感じた


僕は頭をリセットし、心で感じるように旅をしている


すると


とても、すらすらと気持ちが降りてきた


とても素直になれた



そして、すべてを受け入れることができた


むしろ、その事を言葉に変換することが難しく感じた



知らないことは恐れを生む



実は


このひとり旅に出発する前に、



あることばが、僕の心に降りてきていた




🔷ガンコミュニティ「5years」

🔷note

https://note.com/fujinyosakoijazz/n/n171484c1fd62

人は知らないことに恐れを抱き
それを知ったときに恐れから解放される
人は知ったことを人に伝え心豊かになり
それを知った人は幸福になる


人が患った病の経験は、自身がそれを知るためであり、他の人を恐れから救うためのものなのだと思う
blog以外のコンテンツで、この言葉を配信していた

天から学びを与えられている





ガンを告げられた人々の心の叫びをことばに残す

ほっし校長マガジン【Roots】8月号

【ひとり旅】ほっし校長の旅記録

ほっし校長マガジン【Roots】は毎月15日に配信いたします

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


次回、9月号をお楽しみに









Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。