片脚の王様

片脚の王様

骨肉腫サバイバー

骨肉腫サバイバーのサッカー選手の人生
  • 皆さま、「片脚の王様」と呼ばれているサッカー選手をご存知でしょうか。
  • 「片脚の王様」、「翼の折れた天使」、「魔法の青年」とも呼ばれているサッカー選手のことをご存知でしょうか。
  • このサッカー選手は、中華人民共和国で、活躍されている方で、何憶義(He Yiyi)さんです。この方は、私と同じ、骨肉腫サバイバーです。
  • 12歳の時に、左足の付け根上部に、骨肉腫が発症し、結果、左足を切断されました。私は、10歳の時に右足の付け根に骨肉腫が発症しましたので、何憶義(He Yiyi)さんと近い年齢での発症でした。
  • 何憶義(He Yiyi)さんは、小さい頃からサッカーの才能を認められ、フランスのチームからのスカウトを受け、フランスへの渡航準備中に、左足付け根に痛みを感じて、検査したことで、骨肉腫の発症がわかりました。

夢の実現直前の発症

運命のいたずら

  • 何憶義(He Yiyi)さんは、外科手術を受け、左足の切断をされました。
  • サッカー選手としては、致命的な手術です。
  • しかし、私は何憶義(He Yiyi)さんのお姿を見て、涙が止まりません。
  • 左足を無くした何憶義(He Yiyi)さんは、松葉づえを使って、サッカーの試合に望んでいます。
  • 彼は、義足よりも杖を愛用しています。左足を失っても大好きなサッカーをプレイしている姿にはとても感動します。しかし、彼はアマチュアリーグでのプレイに参戦することを許可されておらず、それは松葉づえでのプレイが原因とも言われているようですが、彼はアマチュアリーグへの参戦を望み、サッカーを続けています。
  • 何憶義(He Yiyi)さんが、このような言葉を残しておられます。

◼️人生に対して、前向きになるべきだ

◼️内に閉じこもって泣いているだけではいけない。

◼️自分を救えるのは、自分だけだ。

◼️他の人を笑顔にできる方が良いでしょ。

  • 何憶義(He Yiyi)さんの言葉には、私たちに向けた、大切なメッセージが込められています。とても愛を感じます。左足を失い、失意の中におられるはずなのに、自らが頑張ることで、そして、自らの頑張りを周りのみんなに見せることで、人を幸せにすることを、考えている。
  • 彼はフランスのプロリーグに入ることはできなかったが、サッカーをすることで、世界中の人々に、「幸せとはなにか」を伝える、世界一のサッカー選手なのだと、確信した。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。