小児がんになった我が子にしてあげられること

【小児がんになった我が子にしてあげられること】

私は10歳の時(小学3年生)、癌(ガン)になった。10歳であれば、自らがどのような状況にあるのかは、説明すれば、ゆっくりと理解できることでしょう。
しかし、もっと小さな子供の場合には説明することも、理解してもらえることも難しいでしょう。
そのような小さな子供の場合には気を付けなければいけないことがあります。
それは、例え小さな子供でも、周りの大人の顔色、話し方、仕草等から自らがどのような状況なのかを察知しているのです。
癌患者のお子さんに、病気のことをお伝えしない(知らせない)ことを決められた場合には、軽はずみな行動には、とても気を付けなくてはいけません。
大人の会話を理解できなかったとしても、大人の話し方や表情等から良くない状況を感じ取ってしまう可能性があります。
私は10歳の時に、癌サバイバーとなりましたが、周りの大人が私に対して、してくれたとても重要で、大変なことは、「私への癌告知」でした。
それは、とても勇気のいることなのです。

DIYキットで、見た目も空気も心地よく【エコカラットDIYキット】



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。