喘息(ぜんそく)発作を起こさせないポイント【冬着】

喘息(ぜんそく)発作を起こさせないポイント【冬着】

② 身体を保温する。
とにかく、身体を冷やさないことです。寒いお部屋に長時間いるだけでも、喘息の発作が出ることがあります。
私の経験上、室温が一桁のお部屋に一時間も滞在するだけで、身体の冷えと、喉の冷えから、気管支が炎症を起こす兆候が表れて、気がついたらすでに遅しとなり、喘息の発作特有の、ヒーヒーと呼吸音が鳴って、発作へと繋がります。とにもかくにも、身体をひやさないことです。
お部屋にいるとき、そしてどこかに、外出の時には、暖かい服を着ることです。
そして、その冬着は機能的なものが理想的です。
暖かく、保温性の良いもの。そして、喘息にとって大敵の喉の冷えを防いでくれるネックウォーマーの効果も大切なポイントです。私の経験上、気管支喘息の場合には、喉のケアがとても大切なポイントですので、首周りのデザインに機能性として、防寒性能と、保温性、肌触りが重要です。
今年の冬季は、防寒性能の優れたものを効果的に利用して、お身体を温めて、喘息発作からお守りください。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。