死ぬことになった僕に起きた奇跡【小児がん最終ステージの僕に起きた奇跡はあのお陰だった】

死ぬことになった僕に起きた奇跡

僕は小学3年生の夏に、余命宣告をされた。
僕は、まだ「余命」とか「宣告」の言葉の意味さえも、わかっていないのに。
その意味を知ったときが、「余命宣告の日」となった。
【死ぬことになった僕が準備したこと】
人は余命宣告をされると、きっとパニックになる。
そして、その時までに、死する準備なんてできないだろう。
僕は、小学3年生だったから、「ほとんど何もできないでしょ」と思われるだろう。
いや、それは違っていた。
パニックになるのはむしろ大人の人ではないだろうか。
僕の場合には、余命宣告の説明に驚いてショックを受けたが、その後は、思考が停止していたため、パニックにはならなかったと記憶している。
もしかすると、子供の場合には、大きな衝撃に対しての防御機能が働きやすく、思考停止したのかもしれない。
僕は、「運命を決める手術」の日までに、勉強机の引き出しに納めてある宝物をケースから出したり、納めたりしていた。
今思うと、「その宝物」とお別れの準備をしていたのかもしれない。
【余命宣告前に起きた不思議なこと】
僕は「余命宣告」される少し前に、大切な宝物の一部を友達にプレゼントしていた。
とても不思議な感覚だった。
学校のクラスの友達に、宝物をプレゼントしたくなって、気が付くと宝物を配っていた。
【もしかすると、宝物プレゼントは無意識に行った厄祓いだったのかもしれない】
そして、僕は【生存率 数%】の難病を奇跡的に乗り越えることができた。
【僕の宝物達が命を救ってくれた】



公式サイト



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。