神様が、「まだ、足を持っていなさい」って【小児がん最終ステージの僕は不思議な力で助けられた】

神様が、「まだ、足を持っていなさい」って

僕は、10歳の時に、右足骨肉腫を発症した。
県内の大きな病院でも、骨肉腫の症例を治療したお医者さんはいなかった。
僕が骨肉腫を発症した時代は、骨肉腫の手術での成功事例は、ほぼ皆無に近かった。
当時の骨肉腫は、死を連想させるほどの難病だった。
僕は、右足切断の宣告をされていて、それは僕の命を救うためでもあった。
しかし、右足を切断しても、決して命を保証されたものではなかった。
骨肉腫の手術は、僕の運命をかけた手段に過ぎなかった。
【僕の運命は誰にもわからない】
奇跡的に僕の右足が残り、命も救われた。
すでに、癌(ガン)組織の進行と転移が見られた僕は、右足と、命を奇跡的に救われた。
それは、今から40年前の当時の記録から、約一千万分の一の、ほんのわずかな確率だった。
それは、
【神様からいただいた奇跡の右足となった。】





至福の大福【伊勢屋與兵衛】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。