【考えを改めて欲しい】癌(ガン)は特別な病気ですか

【考えを改めて欲しい】
癌(ガン)は特別な病気ですか


癌(ガン)を発症した途端に、人生を絶望視する方がおられるようです。

しかし、それは、大きな間違いです。

それは、なぜかと言いますと。


【命をおとすような重病は他にもあります】


癌を発症
現代の医療技術では、癌(ガン)は治る病と言えるでしょう。

確かに、私が小児がんを発症した昭和の時代では、まだ世に出ていない抗がん剤などの特効薬もいっぱいありました。

しかし、私と同じように、末期の癌と診断されても助かるケースもありました。

私がその証拠です。



【癌を発症しても、
簡単には人生を諦めないでください】

【癌は、適切に治療をして
治すことができる病になってきました】

【人生を簡単には諦めないでください】

【今も、癌と闘っている人々がいます】
癌と闘う
癌を発症して、「生きる勇気がなくなった」と
発する方がおられるようです。

しかし、それは、間違っています。

癌(ガン)を発症してから、より人生や命の大切さに気が付いた方がおられます。


【癌をきっかけに、
人生や命の大切さや尊さに気が付いた】

癌の発症を機転に、より生き生きと人生を生きていらっしゃる人が大勢います。

癌は、そういう意味では特別な病なのかもしれません。

しかし、その意味は、人生に対してネガティブな考えになるのではなく、よりポジティブな思考に切り替わるものなのです。
人生をポジティブに生きる
私は、10歳の時に骨肉腫を発症しました。

骨肉腫は骨のなかに発症する希少ガンの一種です。

骨肉腫の発症確率は百万人に1人程度の希な確率

発症した患部を切断(足や腕)する手術で、三年生存できる確率が30%

私自身も癌を経験し、その後の人生を生きてきた

骨肉腫サバイバー(小児がんサバイバー)です。

ガンを発症しても
生きる希望を無くす必要はありません。


【強く生き抜いてください】
応援しています
骨肉腫サバイバー(筆者)







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。