【最重要】喘息(ぜんそく)患者の我が子を叱ってはいけません

喘息患者の気持ち
喘息(ぜんそく)患者の我が子を叱ってはいけません

喘息患者のお子さんの親御さんにお伝えしたいお話しです。

【心当たりありませんか】

 ① 喘息の発作を理由に、お子さんを
   叱っていませんか

 ② 喘息の症状がなかなか治まらないことに
   腹をたてたりしていませんか

 ③ 喘息の症状が回復する前に
   無理をさせてはいませんか




①~③のなかで、ひとつでも当てはまったあなたには、是非とも気をつけて頂きたいことがございます。

それは、
【喘息患者のお子さんのお気持ち】です。

喘息患者のお子さんは、自らの病気に対して罪悪感を感じることがあります。

私は3歳の頃から喘息を患っており、その発作は20年間もひどい状態が続きました。

その発作の頻度と症状から、小学校にはほとんど登校できず、自宅療養をしていました。

そして、幼少時期の私が心に感じていた気持ちが

   【自らの病気に対して罪悪感】

自分自身にとって、喘息の発作が起きる度に、家庭内が不和になる様子を見てきました。


【喘息患者の自分を責める】
【喘息患者の自分を情けなく思う】
【喘息の発作を起こした自分を責める】


喘息患者のお子さんの心はまさに「硝子のこころ」
とても、デリケートな心の状態なのです。





そのようなお子さんのお気持ちや心をわかってあげてください。

喘息で苦しんでいるお子さんのお姿を見ることは、とても辛いことと思います。

しかし、その喘息の発作が家庭内の不和に繋がっていることを、お子さんは敏感に感じ取っています。

その事をご理解いただけましたら、お子さんはご安心して喘息と向き合うことができ、治療にも学校生活にも、前向きに行動することができることでしょう。










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。