【近親者必見】癌(ガン)を発症した時の精神的負担を減らす方法

【近親者必見】癌(ガン)を発症した時の精神的負担を減らす方法


【あなたの大切な方が、もし癌(ガン)を発症したら】


あなたは、この答えをお持ちですか?
大切な人がガンを発症した
その答えは

【笑顔で接することです】


私は10歳の時に、骨肉腫を発症しましたが、その経験を振り返り生きていくなかで、ある「ことば」と出会いました。

その「ことば」とは

【顔施】
顔施



この「ことば」は、故人 瀬戸内寂聴さんのお言葉です。

故人 瀬戸内寂聴さんは、とてもたくさんの大切なお言葉を残され、昨年亡くなられました。

【顔施】とは、瀬戸内寂聴さんのご説明ですと、

「顔の表情は、人を幸せにできる力がある。」

「明るい笑顔は、相手を幸せにできる。」

「笑顔を相手に贈る」

「笑顔のお布施」





私は自分自身のガンの経験と、この「【顔施】」が
出会い、とても大切なことに気が付いたのです。

【笑顔は人を幸せにできる】

【笑顔は人の辛い気持ちを軽くしてくれる】

【笑顔は人に勇気を分け与える】

【笑顔はその人を愛しているということ】

私は、【笑顔は最高のギフト】なのだと気が付いたのです





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。