【喘息患者への接し方】喘息(ぜんそく)のお子さんには過保護でいい

【喘息患者への接し方】喘息(ぜんそく)のお子さんには過保護でいい


喘息患者のお子さんの親御さんは、きっと悩んでおられるはず


その答えの理由をお話しします
喘息患者のお子さん
その理由は

【喘息患者のお子さんは、発作が出ていない時は、発作の出る環境であっても、その予想が鈍る】

言い換えると、つまりは、

「危険な兆候をついつい忘れてしまって、発作を引き起こしてから気がつく」

お子さんは、夕方になるまで遊びに夢中になります。

夕方になると、冷たい空気に気管支が冷えてしまい、気管支炎を引き起こします。

日中が暖かい夏場にもよく発作が起きやすくなるものです。
冷たい外気での気管支炎
私は3歳から気管支炎喘息(小児ぜんそく)を発症しました。

実は、このブログの別の記述に投稿していますが、
私は小児ガンサバイバーでもあります。

病気との付き合いが長く深い人生を歩んでおります。



私は幼少時期に数え切れないほどの、ぜんそくの発作を引き起こして来ました。

ぜんそくの発作のほとんどは、夕方の冷たい空気で起きていましたが、

ついつい、お友だちとの遊びに夢中になり、

気がついたら、発作が出ていたのです。
気管支炎喘息患者(筆者)
発作が起きやすい環境で、何度も何度も発作を起こしてしまいました。

私の両親は共働きの為、夕方以降に帰宅するため、いつも辛そうにしている姿をしているところに、両親が帰宅するわけです。

喘息患者のお子さんには、過保護なくらいにまでに気を付けてあげてください。

喘息の発作は大変辛いものですから。

特に、お子さんが幼少時期の場合には、とても気を付けてあげてください。



4大美容成分を凝縮した贅沢美容液をお試し価格で【セルビック5daysトライアルセット】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。