【小児ぜんそく患者さんの近親者必見】ぜんそくは、横着病ではありません

ぜんそくは、横着病ではない!

私は3歳から気管支喘息を患っています。


今でも、良くない条件が重なれば、ぜんそくの発作が起きる危険をはらんでいます。

ぜんそくの発作が特にひどくなったのは、


活発に活動し始める小学生の頃でした。


ぜんそく患者さんは全世界で、病と闘っている

私は毎日、毎晩のように、ぜんそくの発作が起き、ほとんど小学校には通えませんでした。

一度発作が起きると、学校どころか、病院にも行けない程、ひどく、

とても辛い経験でした。

しかし

心ない言葉

冷たい対応

私はそのような一部の方の行為がとても悲しかった

「ぜんそくは、横着病だ。学校を休む理由にしてるし、登校しても体育の時間も見学しか、していない。」

「ぜんそくは、横着病なのか?」

小学生の時、私は陰口をそして、時に聞こえるように、わざと言われた。

ぜんそくは、横着病ではない!

あれから何十年にもなるが、今でも思い出す。

とても、悲しいことば。

一生懸命生きてます。

ぜんそく、ありがとう



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。