【小児ぜんそく患者さん気をつけて!】春の気候は気管支炎喘息の発作頻度上昇

春の季節

春の気候は変化の激しい朝と夜が要注意です

冷たい空気が喉を痛める

「寒い」と思ったら手遅れ

発作が起きないように工夫しておくこと

  1. 暖かいインナーと軽く羽織る上着を持参(特に、朝と夜)
  2. ネックウォーマーを身に付ける(外出時)
  3. 温かい飲み物で喉を潤す
  4. 空気の冷えた朝と夜は、外出を控える
  5. お風呂上がりの時も、身体が冷めないように、ガウンコートなどを羽織る
  6. 運動後は、早めに着替える(汗で下着が濡れている場合は早めにすること)









Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。