【神】行動力おばけの習慣 5「発想編」

🔷私はつくづく、行動おばけだな!と感じることがあります。

🔷私は「行動力おばけ」だと意識したら

🔷自分自身のことを「行動力おばけ」だと認識したのは、実は最近のことだった

🔷自分は「すごく普通」

🔷自分は、普通の人であり、行動も人並みに過ぎない!と思っていた。

🔷しかし、私は【異常】な部類だと知った

🔷自分は【普通ではない】と周りの人から知らされて、初めて知った

普通の人

発想が異常

超越した考え方
🔷私の発想は周りの人から見ても【異常】だった。
超越したその発想とはどんな思考か?

超越した発想

  • 複数メディアで、毎日投稿を約束(公言)する
  • 空きスケジュールやキャパを考えるよりも、まずは「どのようにして時間を作るかをストイックに考える」
  • 目標の10倍設定にする

🔷今回は3つの【超越】について解説いたします
  • 公言
  • 時間を作る
  • 10倍



🟨公言

周りの人に約束する
🔷私は、なにかをはじめるとき、盛り上がったテンションのままの勢いで、宣言するようにしています。

これは、意図してやっていることなのですが、これが継続する力になっているのです。

しかし、公言できない人は、なにかをはじめて、しばらく継続したとしても、「この先、ずっとやるとは限らないし、トラブルが起きるかもしれないし。」等と、考えてしまい、結局【宣言】をしないのです。

なにかをはじめるタイミングで宣言したことは、特別な想いの中で、着々と前に進むエネルギーを持ち、ずっと継続する力を付けていくのだと、私は考えます。

さあ、なにかを始めようと考えている皆さん、まずは【公言】してから歩き続けましょう。



🟨時間を作る

やることを前提とする
🔷やることを前提とするというのは、やるための時間を確保する、約束を守るということ。

しかし、実際は時間が押さえてある状態にはなっておらず、時間確保の保証がない状態なのです。

時間は確保できていないが、行うことは保証するというもの。

実現するために時間を作る。
他の優先度と比較し、時間をまわすことで、やりきる。

🟨10倍目標

マーケッターの秘技
🔷あることを実現するために、目標を立てる。

きっと、その目標は7~8割りしか達成できないかもしれません。

もしかしたら、4割り位かもしれません。
そこで、達成率を上げるための秘技があるというのです。

日本のトップマーケッターの、神田 昌典 さんがおっしゃっていたのは、「元々の目標の10倍を新たな目標として、上を目指した方策で取り組んだ結果、達成率がアップした。」というもの。

私もこのやり方を実践しています。
ここでのポイントは、

【今までのやり方】
と、
【はるか上を目指した時のやり方】
は、大きく異なり、得られる結果に良い変化が生じるというものです。



カンナム美容外科はこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。