【小児ぜんそく患者のお子さんの近親者必見】親しき仲にも配慮あり

【小児ぜんそく患者のお子さんの近親者必見】親しき仲にも配慮あり

親しき仲にも配慮あり

何か、見慣れたことばに、
少し似ていますが、

私がつくった、ことばだからです

親しき仲にも礼儀あり

このことばは、皆様、ご存知ですね、


どれ程親しい仲の間柄であったとしても、礼儀を忘れてはならない。


礼儀を失った行為は、不和のもとになります。


このようなことばの意味が込められています。

では、

親しき仲にも配慮あり

とは、どんな意味がありますか?

こちらは、私が考えたことばですので、

私が詳しくご説明いたします。

親しき仲にも配慮あり

これは、

あなたの周りに、

ぜんそく患者さんがいることに、気を配ってください

常に、あなたの周りに、ぜんそくの患者さんがいないかを、


気に止めるように、していただきたい

あなたの近くに、ぜんそく患者さんがいるとき

あなたは、どのような配慮をしなくてはいけないのか?

  • 教室の窓を開けるとき
  • 部活の練習を夜間延長するとき
  • 屋外でのレジャーの時
  • 夜間にお部屋の温度調整の時
  • 夏場に花火を楽しむ時
あなたは、以上の場面で、配慮しなくてはいけない理由を説明できますか


ぜんそく患者さんにとっては、発作が起きるきっかけとなる

重要なポイントがあります

  1. 教室の窓を開けるとき
  2. 部活の練習を夜間延長するとき
  3. 屋外でのレジャーの時
  4. 夜間にお部屋の温度調整の時
  5. 夏場に花火を楽しむ時
【理由はこちら】
  1. ぜんそくの大敵は、冷たい空気です。喉を冷やすと、発作を、誘発してしまいます。
  2. 疲れが溜まることと、夜間の冷たい空気が、ぜんそくの発作を引き起こします。
  3. ついついレジャーを楽しんでしまいますと、喉が冷えたことや、体力を消耗したことを忘れがちです。気がついたら、発作が起きていた。と言うこともあります。
  4. ぜんそくは、夕刻や夜間に発症しやすい。お部屋の温度調整にも、気を配らないと、エアコンの冷気が原因で発作が起きることもあります。
  5. 花火の火薬が燃えると、煙が出てきます。煙自体が発作の原因になることもあります。
以上の①②③④⑤は、一例に過ぎませんが、以下のような問い合わせがあります




     ∽∽∽問い合わせ∽∽∽


「以上の場面での配慮が必要なことは、分かりましたが、」


「配慮の加減が難しそうですね」

そうですね

配慮するにしても加減が大事です

まずは

ぜんそく患者さんがいることを確認します

次に

ぜんそく患者さんに、聞きましょう

上記の場面ごとに、聞きましょう

それが、配慮です

あなたの周りにも、ぜんそく患者さんがいるかもしれないことを、知っておきましょう

最後までお読みくださり、ありがとうございました。





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。